Why choose us?高断熱性能|オリジナル仕様・構造|私たちが選ばれる理由

断熱性能の重要性

私たちの健康リスクにつながるクリニック・調剤薬局の断熱性能。
健康に暮らす価値ある施設は断熱材から考えます。

日本のクリニック・調剤薬局は寒いです

冬の間、日本の寝室の多くが10℃前後になっており、28〜33℃に保たれた暖かな寝具から出るだけで20℃もの急激な温度差を感じる。こうしたヒートショックを原因とする疾病が取りざたされ、室内温度が注目されているが、加えて先生は「低い室温状態が長く続くことで、人体が徐々に体力を奪われる『緩慢なヒートショック状態』も問題なのです。影響されるのは全世代ということを認識してほしい」と警鐘を鳴らす。その影響とはどんなものなのか説明したい。

断熱等級が高い家を建てるメリット
  1. エアコンなどの冷暖房の使用率を下げられ節電効果が期待でき光熱費削減ができる
  2. 室内の温度が一定で快適な室内空間を実現できヒートショックが起きにくい環境をつくりだせる

住まいへの不満でもっとも多いのは、熱環境に関することです。断熱が不十分な家では、足下近くが冷たく、天井付近や2階が暑いといった不快な空間になります。建物の断熱性能が低ければ、いくら高性能な省エネ家電を使ってもその効果は薄れます。
これまで日本の建物は快適を追求してきました。 一方で置いていかれたのが、建物が健康に及ぼす影響、とくに冬の寒さと健康の相関関係についてです。「残念ながら欧米より断熱の基準や法制度も遅れているのが実情です」と近畿大学の岩前篤先生は言います。日本の住宅の寝室の多くが10℃前後になっており、28~33℃に保たれた暖かな寝具から出るだけで20℃もの温度差を感じることになる。近年、こうした室内の急激な温度差、ヒートショックを原因とする疾病が取りざたされ、室内温度が注目されていますが、先生は「急激な温度差はもちろんのこと、低い室温状態が長く続くことも問題なのです」と語っています。この低温状態を先生は『緩慢なヒートショック状態』と位置付け、「これにより人体は徐々に体力を奪われてしまうのです。影響されるのは全世代ということを認識してほしい」と警鐘を鳴らしています。

日本のクリニック・調剤薬局は寒いです

札幌から大阪まで、冬場の寝室の温度を測定したところ10℃前後が多いことがわかりました。これは就寝時に暖房を止めていることの表れ。深夜起きた時のヒートショックを解消するためには、部屋の断熱性や暖房による対策が求められます。

寒暖差への影響は深刻です

冷たい空気は呼吸で肺を冷やす要員に

冬季は疾病に加え、自宅で起こる事故の発生件数も高いと説明する岩前先生。「イギリスでは、独自にHHSRSという施設における健康と安全の指針を制定し、クリニック・調剤薬局の仕様を考えています。そのような中で、日本における最大の問題は“寒さは良くないもの”と認識していないところにあります。」なかでも先生は就寝時に暖房を止めてしまう習慣に注目している。室温とともに呼気温度が低下し、肺や内臓など、継続的に身体が冷えることで健康に深刻な影響をもたらすことは容易に想像できる。では室温でどのように健康は改善されるのだろう。

寒暖差への影響は深刻です

HHSRS(Housing Health & Safety Rating System)はイギリスの副首相府・英国建築研究所が開発した施設の健康安全性の評価システム。
2006年4月、イングランドならびにウェールズで施工された。

寒暖差への影響は深刻です
HHSRS
Point1
居住者の健康や安全の観点から、施設の居住者に対する危険性の度合いを示す。
Point2
評価項目は「生理学的要件」「心理的要件」「感染症防止」「事故防止」の4グループ29カテゴリー。
Point3
健康被害の評価はClassⅣ(ケガなどの障害を負う可能性)からClassⅠ(死に至る危険性)に分けられる。
Point4
欠陥が認められた場合、施設改修、閉鎖、解体の強制命令、罰則が与えられる。
断熱性能の重要性

室温が10℃程度とすると、起き上がって布団を出たとたんに20℃もの温度差を感じます。
このヒートショックこそが健康の大きなリスク、注意が必要です。

断熱性能の重要性

※ 上記の温度はあくまで一例です。

人の体は、暖かいところから急に温度の低いところに行くと、血管が収縮し血圧が上昇します。高血圧の人や高齢者にとっては体への負担が大きく、脳卒中や心筋梗塞の誘引となってしまいます。これがいわゆる『ヒートショック』です。断熱レベルが低い家では、冬の早朝や夜間、トイレや浴室などが冷え切っており、暖かい部屋から急に冷え切った部屋に移動したときに、このヒートショックが起こる危険が高まります。

断熱性能の重要性

救急搬送発生率と外気温の関係

外気温と救急搬送の相関関係を示したグラフ。
外気温の低下に伴い、救急搬送数が増加する傾向が見られます。

断熱性能の重要性

1月と7月の死亡割合の推移

過去50年間の死亡者数の月別割合。過去50年間にわたり、常に冬季の死亡率が高くなっています。

断熱性能の重要性 断熱性能の重要性 断熱性能の重要性

入浴における血圧変動 夏・冬の比較

冬場のトイレや浴室などで感じる急激な温度変化により、血圧の急上昇が大きな負担となり心筋梗塞や脳卒中などの原因に。またそれらが転倒や浴室内での溺死という事故を引き起こす場合もあり、病気も事故もクリニック・調剤薬局のなかの温度差がかんけいしていると考えられます。

断熱性能の重要性

入浴中の死亡事故は交通事故の約4倍!

ヒートショックに関連して入浴中に急死をしたとされる推定死亡者は17,000人。様々な安全対策が取られている交通事故と比較すると約4倍もの人が亡くなっていることになります。また大きな災害での死者数と比較すると、地震による倒壊が原因で亡くなっている方は東日本大震災で578人。いかに寒い建物にリスクがあるか明確です。

断熱性能の重要性

出典:国土交通省「平成22年度国土交通白書」
「冬場の住居内の温度管理と健康について」
((地独)東京都健康長寿医療センター)

冬にも夏にも潜む健康リスクが問題です。

冬の問題

人の体は、暖かいところから急に温度の低いところに行くと、血管が収縮し血圧が上昇します。高血圧の人や高齢者にとっては体への負担が大きく、脳卒中や心筋梗塞の誘引となってしまいます。これがいわゆる『ヒートショック』。断熱レベルが低いクリニック・調剤薬局では、冬の早朝や夜間、トイレや浴室などが冷え切っており、暖かい部屋から急に冷え切った部屋に移動したときに、このヒートショックが起こる危険が高まります。

冬の問題

夏の問題

室内での熱中症は深刻な問題となっています。こまめな水分補給、暑さを我慢しすぎず必要に応じて冷房を利用することも大切。壁や天井が熱せられることを断熱で防ぐことで、冷房の効きも良くなります。

夏の問題

実は住まいの悩みの多くは、「寒さ」と「暑さ」。
クリニック・調剤薬局を建てた後で後悔する方の多くは熱環境です。
つまり断熱性能で省エネを改善したいと思っています。

改善したい住まいの悩みは「寒さ」と「暑さ」

住まいへの不満でもっとも多いのは、熱環境に関すること。断熱が不十分なクリニック・調剤薬局では、足下近くが冷たく、天井付近や2階が暑いといった不快な空間になります。クリニック・調剤薬局の断熱性能が低ければ、いくら高性能な省エネクリニック・調剤薬局電を使ってもその効果は薄れます。また、部屋と部屋の間に温度差があると、急激な血圧変化を起こし、心筋梗塞の原因になります。

改善したい住まいの悩みは「寒さ」と「暑さ」 改善したい住まいの悩みは「寒さ」と「暑さ」

この「寒さ」と「暑さ」による健康不安は断熱材によって減らせます。
病気が予防できれば医療費の削減にもつながります。
Doctor&Pharmacy Solutionでは、健康に暮らせるクリニック・調剤薬局づくりに断熱材からこだわっています。

断絶でこんなに違うクリニック・調剤薬局の温度

しっかりと断熱されたクリニック・調剤薬局は、暖房をかけると、廊下や暖房をかけていない部屋まで、クリニック・調剤薬局全体が暖かくなります。リビングも、廊下もお風呂も玄関も、クリニック・調剤薬局全体がまるで一つの部屋のように、気持ちのいい温度でつながります。
だから空間の温度差によるストレスがなく、健康に過ごすことができます。
一方、断熱材が不十分なクリニック・調剤薬局は、冬、暖房をかけても効きにくく、クリニック・調剤薬局の中の温度差が大きくなってしまいます。

断絶でこんなに違うクリニック・調剤薬局の温度

室温と体感温度は違う

暖房によって同じ温度の場合でも断熱性のすぐれたクリニック・調剤薬局の方が暖かく感じ、より快適に過ごすことができる…。
クリニック・調剤薬局の中で体に感じる温度=体験温度は、室温と、窓や壁、床などの表面温度の平均に近いといわれています。断熱性が低い施設では、クリニック・調剤薬局の内側の表面温度が低くなり、体感温度が室温よりも低く感じられてしまいます。

室温と体感温度は違う

転居先が断熱性の高いクリニック・調剤薬局になるほど、症状の改善率が上昇

転居先が断熱性の高いクリニック・調剤薬局になるほど、症状の改善率が上昇

新築戸建て施設(2002~08年に建築)に転居したか患者様が対象。
調査対象人数1万9164人。

2008年~2010年、3回に亘り、転居前と転居後の身体の状態についての変化を調査した。

継続的に発生していたのどの痛みやせき、気管支喘息といった症状に緩和が見られる。ほかにも肩こりの軽減、風邪を引きにくくなったといった声も。

Doctor&Pharmacy Solutionでは健康を守るために断熱性能の高い施設を建築するために断熱等級5,6を実現する床下断熱材を採用しています。

Doctor&Pharmacy Solutionでは健康を守るために断熱性能の高い施設を建築するために断熱等級5,6を実現する床下断熱材を採用しています。

足元の冷えをなくすために重要な断熱材が「世界最高レベルの断熱材ネオマフォーム」です。 1階の床下は外と同じ環境だからこそ、最も高い性能が求められます。

転居先が断熱性の高いクリニック・調剤薬局になるほど、症状の改善率が上昇 転居先が断熱性の高いクリニック・調剤薬局になるほど、症状の改善率が上昇
転居先が断熱性の高いクリニック・調剤薬局になるほど、症状の改善率が上昇
転居先が断熱性の高いクリニック・調剤薬局になるほど、症状の改善率が上昇

断熱等級5~6を実現する断熱材「ネオマフォーム」

世界最高レベルの断熱材「ネオマフォーム」

足元の冷えをなくすために重要な断熱材が「世界最高レベルの断熱材ネオマフォーム」です。1階の床下は外と同じ環境だからこそ、最も高い性能が求められます。

ネオマフォームとは

高い断熱性能
ネオマフォームはトップクラスの断熱性能。
薄くても高いレベルの断熱性能を発揮します。
長期断熱性能
高いガスバリア性と独立気泡率で断熱性を長期間維持します。
耐燃焼性能
素材は熱に強く燃えにくいフェノール樹脂。 火に当たると炭化し、燃焼時の発生ガスも少ない。
環境性能
ノンフロン発泡

高断熱性能

トップレベルの断熱性能。

数値が小さいほど、断熱性能が高いことを示す熱伝導率。
ネオマフォームはトップレベルの0.020W/(m・K)で圧倒的な断熱性能

高断熱性能

気泡が小さいから熱が伝わりにくい

断熱材は、気泡が小さいほど、輻射熱(赤外線)が跳ね返される回数が増えて、輻射による熱移動が少なくなり、熱が伝わりにくくなります。また、気泡が小さいと、対流もほとんど起きず、さらに熱が伝わりにくくなります。

高断熱性能

ネオマフォームの基本構造
─ 秘密は小さな気泡です ─

ネオマフォームの高い断熱性の秘密は、髪の毛の太さほど(100ミクロン未満)の微細な気泡構造。その気泡の小ささは、他素材の断熱材と比較しても際立っています。発泡ガスは、断熱性が高く、環境にも配慮した炭化水素。素材はフェノールという熱に強い樹脂でできています。

高断熱性能

トップクラスの断熱性能

数値が小さいほど、断熱性能が高いことを表す熱伝導率。ネオマフォームはトップクラスの0.020W/(m・K)で、他の断熱材と比較しても、圧倒的な断熱性能を誇ります。

長期断熱性能

25年平均熱伝導率 0.020W/(m・K)。

施設・建物の高断熱化、長寿命化を促す社会背景にこたえるべく、ネオマフォー ムは、長期性能試験を実施。

長期断熱性能

気泡が小さいほど、対流や輻射による熱移動が小さくなり、熱伝導しにくくなります。
ネオマフォームは従来のフェノールフォームと比較しても際立って微細な気泡構造となっています。ネオマフォームの高い断熱性の秘密は髪の毛の太さほどの(100ミクロン未満)気泡構造です。

秘密はガスバリア性の高さ

ネオマフォームの気泡は小さいだけでなく、極めて穴の小さい膜による気泡が、1つ1つ独立して構成されています。(独立気泡率94~95%) さらに、素材のフェノール樹脂による膜は、中に閉じ込められた発泡ガスが抜けにくく、同時に外からの空気の侵入も少ないので、長期間断熱性能を維持できます。

長期断熱性能

25年間の平均熱伝導率 0.020W/(m・K)

建物は建ててから数十年間も使い続けます。
だから、長く使っても性能が落ちにくい断熱材を選ぶことが大切です。
ネオマフォームは長期性能もしっかりと試験。長く安心して使って頂ける断熱材です。

日本で初めての断熱材の長期性能試験を実施

これまで発泡プラスチック系断熱材のうち高性能な製品では、時間の経過に伴い発泡ガスが放散することによる断熱性能の低下が指摘されてきました。
2014年に制定された「発泡プラスチック系断熱材の熱抵抗の長期変化促進試験方法(JIS A 1486)」に基づき、ネオマフォームは(一財)建材試験センターにて長期性能試験を実施しました。

長期断熱性能

耐燃焼性能

フェノールだから燃えにくい。

フェノール樹脂は熱硬化性で、熱に強く燃えにくい。炎を当てても炭化するだけで、燃え上がることはありません。

発泡と硬化のタイミングを合わせることにより、小さな気泡と高い独立気泡率を実現!

長期断熱性能

発泡と硬化のタイミングを合わせることにより、小さな気泡と高い独立気泡率を実現!

長期断熱性能

フェノールだから燃えにくい。
フェノール樹脂は熱硬化性で、熱に強く燃えにくい。

長期断熱性能

燃えにくい特性を活かし、様々な外装に対応した防耐火構造認定を多数取得。!

お気軽にお問合せください
ご相談・お問合せは